達成

成功者に聴くコミュニケーション秘術

音マガ

こんばんは、カタリスト神戸正博です。

今日も音声と言葉で皆様に感情と共に、
人間関係を豊かに過ごせるように選りすぐりの情報をお伝えします。

音声を使ったメルマガはいかがでしょう?
短期間で視聴回数が伸びているのを見ると、好評なのかな?
と勝手にニヤニヤしています。

 さて、今日はなんと望月俊孝さん(としさん)への突撃インタビューを交えてお伝えしていきます。
望月さんいわく「わくわくした感情の波動を合わせること」カタリストセッションでもお伝えしていますが、
人それぞれ「心の周波数」というものが存在しています。

まるで、ラジオの周波数を80.0MHzに合わせなければTOKYO FMを聞けないと同じように、自分の心を相手の心にチューニングしなければ相手の心の声は聞こえてきません。

なぜでしょうか?

人っておもしろいもので、本心をなかなか表面には出しません。
奥底に大事に大事にしまっておく人がほとんどです。

そうすれば、人から傷つけられずに済むから。
でも、生きている実感や感覚は薄れていきます。

自分の本心の部分、「インナーセルフ」を覆い隠し続ければその声は脳へは届かなくなっていくのです。

でも、カタリストセッションをし続ける中で気づくことは、
だれの中でも尊い「インナーセルフ」があること。

そして、「ここだよ、、、早く気づいて!」と叫んでいます。

この声に周波数を合わせるのが素早く相手ともラポールを築き、絆を深めることに役立ちます。

「心の周波数を合わせる」とは、相手の本心に耳を傾けるということ。

これが、できれば望む相手と上質な関係性を築くことになるでしょう。
としさんが言っているように、「わくわく」の状態を維持することが大事。

自分が「いらいら」の状態でいれば、相手は嫌がり遠ざかっていくことでしょう。
当たり前ですよね?

しかし、現実には様々な刺激が存在しています。
その中で「いらいら」と「わくわく」の感情を選択するのは、、、あなた次第!

どちらを選択すればいいのかは明白ですよね?

音マガはこちら。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
また、次回も楽しみにしていてくださいね。

あなたの悩みの種を才能の花へ開花させる
カタリスト神戸正博


お名前
メールアドレス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)