自由

怒りが爆発する!という時に聴く音声 許しの技術を獲得するための3ステップ

音マガ

感情に任せて怒りをぶつけて後悔している…なんてことありませんか?

子供に対して、同僚に対して、部下に対して、恋人や妻夫に対して。

だいていは後悔に苛まれることになります。
怒りの感情は誰もが抱くもの。
そこは、後悔よりもコントロールするほうが吉!

音マガはこちらから
https://youtu.be/33thirWkIRE

自由

でも、コントロールできていたらそんなことには悩みませんよね。
私も、幼少期は人に対してキレることがたくさんありました。
自分自身は当然の権利があると疑ってなかったですね(汗

「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのもあいつが悪い
といって言いがかりを付けてもも誰にも得がありません。

怒りという感情は、

「相手のことを責めてもいい」

という前提があるもの。
しかし、どんな正当性が自分にあっても、
相手にだって正当性があります。

責められることや怒られることなんて誰も好きではないのですから、自分の心を守るためにも戦ってしまうもの。
正義と正義が戦って拡大していった先に「戦争」が起きるのです。

これは、国対国だけのことをいっているのではありません
普段の生活であっても、家族間、兄弟間での戦争はおこってくるものなんです。

今まで1300人の人とカウンセリングをしてきましたが、起こさなくてもいい心の戦争で傷つき続けている人たちを知っています。
そんなことを続けていては幸せになんて絶対になれません

「感謝、謙虚、尊敬」

この三つが心のそこから湧き出た時、心地いい人間関係の形成はできるものなんです。
その人間関係を壊してしまう「怒り」をコントロールして、平和を作りましょう!

第1ステップ お怒りリストを書く

なにをあなたは怒っているのでしょうか?
どんな部分が許せないのでそうか?
どんなところを正したいのでしょうか?

溢れ出す感情をノートにぶつけましょう。
誰もみていないので、どんな言葉を使っても構いません。
どうぞ、思う存分書きなぐってみてください。

第2ステップ 正当性リストを作る

相手がミスをしたから?
相手の素行が悪い?
態度が悪い?

自分が相手に怒りをぶつけてもいい正当性を書き連ねてください。

第3ステップ 学べてよかったリストを書き出す

許せない相手をみて反面教師にできるポイントはなんでしょう?
自分はこんなことはしない
そんな人間にならないためにはコレをしないと
同じにみられないためにやるべきこと

一つの怒りで学べることはたくさんあります。
いつまでも同じ怒りエネルギーに苦しまないためにも、一つ一つの機会で次元上昇していきましょう。

この3ステップを経て行っていただきたいことは、

「一晩寝かせる」こと

今回の3ステップでは、自分の「怒り感情」を客観的にみることを意図しています。

「お日さま視点」とわたしは読んでいますが、心の傷や反応しすぎた感情を安定させるためには大切な視点です。
この視点は養えば養うほど人間関係はうまくいくことでしょう。

そして、心が安定したあと、相手を許せるかどうか感じてみてください。
人は怒りのエネルギーを持ち続けると自分の細胞を壊すことになっていきます。
自分のためにその怒りのエネルギーは、自分の大好きなことに転用していきましょう。

感じると言ったのは、考えてしまえばいつものように相手を「裁く」だけだから。
いつまでも無駄に「怒り」へエネルギーを取られ続けても望む人生は手に入ることはありません。

あなたは「許しの技術」を身につけることによって心の自由を獲得することになるでしょう。

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
また、次回も楽しみにしていてくださいね!

悩みの種を才能の花へ開花させる
カタリスト神戸正博

無料カタリストニュースレター
http://www.takaramap.com/seminar+index.content_id+199.htm


お名前
メールアドレス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)