電球

悩み解消のために絶対やってみて欲しい 逆説メソッド

心理技術

こんばんは、カタリスト カウンセラー 神戸正博です。

だんだんと寒くなってきましたね^^

うちではすっかりコタツから離れられなくなっています。

 

さて、今日はこんなお話です。

「悩みを解決したい」

悩みを解決するというのは誰であって欲っすること。

すぐにでも、不快感をぬぐい去りたいのにも関わらず

服を脱ぐようには取りされないものです。

今回は、そんな厄介な「悩み」を解消するための効果的なメソッドをお伝えいたします。

 

悩みというのは、なんで発生するものなんでしょうか?

「自分が解決することができない心の課題」とも言えるでしょう。

でも、こういう人って周りにいませんか?

 

『明らかに悩むようなことでは無いのにも関わらず

永遠に何かに振り回され続ける人』

 

なんで、そんなことで悩んでいるのかさっぱりわからない、、、

コレコレこうすればそんな悩みなんて解決しちゃうのに、、

そばから見ていて、しかも自分が解決したことのある問題であれば問題であるほど「悩んでいる理由」がわかりません。

助言も言いたくなるのはこの時ですね。

でも、助言では人の悩みを解決するのは限界があります。

本人の力によって悩みを解決しなければ、

問題の根っこが残ってしまうからです。

 

 

ここで四字熟語の授業です!

「岡目八目」という言葉があります。

意味:

事の当事者よりも、第三者のほうが情勢や利害得失などを正しく判断できること。

囲碁から出た語。碁をわきから見ていると、実際に打っている人よりも、八目も先まで手を見越すという意。

 

わたしはよく人の悩みや、

傾向を言い当てて驚かれるのですが、、、

実は人の悩みを当てるの簡単です。

はたから見て感情を感じれば、それは自然と分かってくるものです。

 

では、なんで自分ではわからないのでしょうか?

あまりにも深く悩み続けていると人が本来持っている

素晴らしいエネルギーがだんだん縮こまります。

 

そんな状態で人生をすごしていけば、、、

楽しいですか?

楽しくないでしょうか?

 

答えは明白ですよね。

悩みなんて無い方が絶対に幸せです。

 

13年間のドン底人生を歩んできて、

自分の人生を肯定するために一時は「悩みも必要」と思っていたこともありますが・・・

悩みなんてこの人生にはいりません。

無い方が幸せに暮らせます。

 

ただ、ここで勘違いしないで頂きたいことは、

悩むことが無駄という訳ではないということ。

実際わたしは、ドン底経験があるからこそ自分オリジナルの講座開くことが可能となっています。

3000人の大舞台にも立つことができました。

それは一重にドン底経験のおかげです。感謝です。

 

一番怖いのは「悩む自分を美化」してしまうこと。

悲劇のヒロイン・ヒーローになってはいけません。

悩んでいる人って相当な確率でその悩みを解消することを潜在意識で恐れているんです。

以下のような感じ、、、

「自分が変わったら今まで努力してきたことがチャラになってしまうのでは?

今までやってきたことが無駄になるのでは?

これまでの自分は間違いでは無い!

だからこの悩みは解決不能だからどう付き合っていったらいいのかを考えないと、、、

つらいけど、、、しょうがない、、、

だってわたし可哀想。。。

誰か助けてくれないかな〜

ああーなんてツイてないんだろう。。

でも、幸せになりたいな〜

幸せってなんだろう?

悩みが解決したらなんとかなるのかな?

お金があったらもっと幸せになれるかな?

宝くじ・・・そんな当たらないよね?

だれかお金くれないかな〜

ああー今日も寒い、、コタツから出られない。

しょうがないよね、自分の人生なんてこんなもん。

でも、幸せになりたいな。

あ!でも幸せになれる人って限られているんじゃないかな?

そうかーだからわたしは幸せになれないんだ。」

 

頭でも、潜在意識でも様々な「内なるおしゃべり」が繰り返されています。

あなたはどんな言葉が口癖でしょうか?

悩みを抱え続ける人の特徴としては、、、

「悲観的」な所があげられます。

 

未来に対して希望を持てない状態。

そして、「今現在」に満足していないし、

過去を強烈に後悔している可能性もあります。

 

もしこの「内なるおしゃべり」を他の人が聞いたとしたらどうなるでしょう?

大体は、「え?そんなことで悩んでいるの?」的な内容です。

 

ここで、あなたにその悩みを解決できるメソッドをお伝えさせてください。

これは、一石三鳥ぐらいの逆説的メソッドです。

 

ずばり!!!

「人の悩みを聴くこと」

 

わお!

自分が悩みの淵にいた時には全く発想できなかったこと。

もしこんなことを当時言われたとしたら、ちょっと信じられなかったことでしょう。

でも、今現在わたしの悩みを解決する優秀な解消法の一つとなっています。

 

人の話を聴くという行為自体、自分の器や見識を広げるために必要なこと。

「井の中の蛙大海を知らず」という言葉もありますが、

人は自分の中で全て解決できるという勘違いをしやすいもの。

 

そこで、人の悩みを聴くという行為は自分自身を客観的に見つめるためにうってつけです。

人の話を聞けば聴くほど、自分の悩みがいかに「捕らわれ」から生まれてきたことに気がつくでしょう。

そして、話を聞けば聴くほどあなたは周りの人から信頼が得られます。

また、傾聴の技術も磨かれていってエネルギーは莫大に上がっていきます。

 

わたしは1300人以上の方の悩みを聞いてきました。

その結果からお伝えしている「悩み解決メソッド」です。

 

あなたも是非ためしてみてくださいね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

また、次回も楽しみにしていてくださいね。

 

あなたの悩みの種を才能の花へ開花させるお手伝い

カタリスト カウンセラー 神戸正博

 

 

 

 

 


お名前
メールアドレス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)