わくわくスマホ格安計画〜その1〜

ガジェット系, 格安スマホ計画

こんばんは。カタリスト神戸正博です。

今日は、LINEで「夫婦ふたりの携帯代が月々5000円以下に収める知識があります」と発信したところ、たくさんの反応をいただきました。

 

「知りたいです!」とか「わたしも安くしたいんです」だとか本当にたくさんのメッセージをいただきました。

私自身、このブログで告白したとおり「ガジェットオタク」です。

パソコンやらスマホやらいろんな機械が大好きなんです。

パソコンも組み立てますし、壊れたパソコンも蘇らせます。

もう、使えないだろうといったPCを蘇らせ、うちの兄は4年間そのパソコンを使い続けています。

実は、捨てられていくパソコンのほとんどは、少しの手をかけると復活します。

これが面白いのです。

その延長線にスマホの格安運用があるとわたしは感じています。

 

でも、、、、ここで、ひとつ謝らせてください・・・

夫婦ふたりで5000円での運用。。。

実際に契約してみたら、、この額真っ赤な嘘でした!!

 

本当にもうしわけないです。

 

実際に本気で契約したところ、、、、

夫婦二人で3078円でした(笑

もちろん音声契約です。

 

これは嬉しい裏切りですね〜^^

いや〜以前が私8000円、妻9000円の合計17,000円ほどでした。

ですので、概算13,922円の減額!

これは、、とても大きいですね!

なんせ月々の話ですからね。

自己投資につぎ込めます^^

 

もし、あなたが、スマホの格安運用をしたいとしたら、まずチェックしないといけないことがあります。

 

・今現在の携帯契約がガラパゴス携帯(音声通話機能のみの携帯)なのか?

・それともiPhoneを代表とするスマートフォンなのか?

・月々通話はどれくらいするのか?

・月間データ使用量はどの程度なのか?

 

具体的な数字は携帯会社のマイページを調べればすぐに出てきます!

あまりにも通話料が多い状態でしたら、わたしが行った格安戦略は通用しません。(一回の通話が5分以下であれば対応できます、もしくはLINEを電話代わりにするかでクリアできます)

 

自分は研究を重ねたのですんなりと移行できましたが、そうでない人には未知な領域だと思います。

ですので、このブログを活用して少しずつ情報を提供できればと思います。

 

ちなみに、自分でできる方はどんどん移行したほうがいいです。

今年、安倍首相自ら「スマートフォンの契約料金の改善」を携帯会社大手三社に向けて号令しました。

その影響で、逆に携帯代金がスマートになり、わかりやすくなりました。

だからこそ、わかる方はどんどん格安契約に乗り換えているのが事実。

どんな契約を選ぶかは人それぞれの自由ですが、わたしはなるべく通信料は抑えて自己投資にその分投じたいし新しいガシェットに投じたいと思っています。

この思いに共感できる方は、今後の情報もチェックしてくださいね^^

 

これも関係のある話なのですが、つい先日わたしの両親を連れて携帯ショップにいってきました。

母親が契約したのは15年前、機種変更をしたのが1年半前。そのときに店員さんの言うがままに契約した結果。余計なタブレットの契約までして帰ってきました。

プラス、月々送られてきていた明細書もweb明細に切り替えられ、月にどれくらいの通信費がかかっているかがわからない状態でもんもんとしていたのです。

そして今回携帯ショップにて契約状態を明らかにし、必要のないサービスを解約して月々2000円ほど減額することができました。

知らずに契約をすると、かなりの確率で余計なサービスに契約をさせられてしまいます。

それを回避するためには、まず自分の契約状況を知ることが大切になります。

 

もしも、現時点で自分がどんなプランに入っているのかが分からなければ、すぐにでも調べることをお勧めします!

そこから格安プランを考えなければ、結局分からずじまい。

なんとなく安くなった気はする程度で終わってしまいます。

どのくらい減額できるかによって、何に投資ができるかが変わってくるものです。

ここはひとつ真剣にやってみて、もっと自由を手に入れてくださいね^^

 

 


お名前
メールアドレス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)